癒しの効果

人間はペットを飼う事で、ペットから癒しをもらっています。

でも人間は家の中で、ペットからのみ癒しをもらっている人だけなわけではありません。例えば家の中や外に緑がいっぱいある…そうなのです、人は植物からも癒しを

もらっているのです。

その証拠になんとなく精神的に疲れた時とかに、緑がふと目に入ると癒されるとか、ずっと目が離せなくなるといったことはないでしょうか。

植物はただのインテリアというだけでなくて、癒しとしても人にとってなくてはならないものになっているのです。

ですが部屋に植物を置くという事は、皆が皆、癒しやインテリアと考えているわけではありません。

ではその他にどのような理由で、みなさんが緑を利用するのかというと、例えば緑を置くことで外から入ってきた人の目線を緑に集中させ、視線をそらすことが出来ます。

またなんとなく目線をそらしたいものから、隠すという事も出来ます。

さらに緑があることで、おしゃれな空間を作り出すことが出来ます。

しかも植物を置くという事は、それだけではありません。

植物には癒し効果があると先ほども述べましたが、ただ癒すだけでなくて植物の持つ調湿効果を発揮してくれるので、まるで自然の加湿器を置いているかのような空間を作り出すことが

出来るのです。

さらにオフィスや家の中でもデジタル機器というのは、ますます増えてきていますが、このデジタル機器…パソコンなどから、ふと緑に目をやることで目の疲れを改善したり、

目の疲れを和らげるといった効果が期待できるのです。

また植物というのは呼吸をしています。この呼吸が室内の有害物質を知らず知らずの内に、吸収してくれているといったことも最近の研究では解明されているのです。

昔から人間というのは植物と共存し、日々の生活に植物を取り入れてきました。

これは昔から人間が植物には癒しやその他の効果があるという事を、自然と理解していたという証拠なのではないでしょうか。