2014年6月

育てる事、

育てる事、

(公開: 2014年6月19日 (木))

植物を育てるのは、たしかに簡単かもしれません。
ですが水をやって適度に肥料と光に当てておけば、あとは元気に成長するだろう...このように考えているのであれば、それは正解であるとは言えません。
植物の中にはいろいろな植物に合った育て方をしなければいけない種類もあり、水と光と肥料と考えていると、すぐ枯れてしまう場合もあるのです。
では植物はどのように育てるといいのか、植物にとって必要なモノとは...これを改めて考えてみたいと思います。
実は植物が成長しているのは、肥料と水のみではありません。もちろん水や肥料も必要ですが、植物はそれ以外にも空気中に含まれている炭酸ガスを吸収することで、水と炭酸ガスで
栄養分である炭水化物を作り出しているのです。
さらにこの炭水化物を作り出すためのパワーとして、植物には必要なモノがあります。
それが実は光なのです。
ではこの光が全くなくなると、植物はどうなってしまうのかというと、人間っだって完全に光をシャットアウトしてしまうと病気になりやすくなったりします。
植物も同じで光をシャットアウトしてしまうと、根腐れを起こしやすくなったり、病気にかかって枯れやすくなってしまうのです。
直射日光がダメという植物ももちろんありますが、植物には適度な光が必要なのです。
また植物は外に放置しない限り、自分で水をたっぷり吸収することが出来ません。
また外に置くことで天気により水の吸収は出来たとしても、晴れが続くとやはり水が不足してしまうのです。
となると人間が植物に適度に水を上げるしか、植物は水を...植物にとって命の水を吸収することは出来ません。それぞれの植物に合った水の量というのがありますが、あげ過ぎは
枯れてしまう可能性もあるので、植物の必要量に合った水を適度にあげてあげることが必要になるのです。
また植物には水や光に肥料の他に、温度管理が必要な植物もあります。
きちんと植物に合った環境の中で、育ててあげることが必要になってくるのです。
越谷の人気美容室、美容院


癒しの効果

癒しの効果

(公開: 2014年6月19日 (木))

人間はペットを飼う事で、ペットから癒しをもらっています。

でも人間は家の中で、ペットからのみ癒しをもらっている人だけなわけではありません。例えば家の中や外に緑がいっぱいある…そうなのです、人は植物からも癒しを

もらっているのです。

その証拠になんとなく精神的に疲れた時とかに、緑がふと目に入ると癒されるとか、ずっと目が離せなくなるといったことはないでしょうか。

植物はただのインテリアというだけでなくて、癒しとしても人にとってなくてはならないものになっているのです。

ですが部屋に植物を置くという事は、皆が皆、癒しやインテリアと考えているわけではありません。

ではその他にどのような理由で、みなさんが緑を利用するのかというと、例えば緑を置くことで外から入ってきた人の目線を緑に集中させ、視線をそらすことが出来ます。

またなんとなく目線をそらしたいものから、隠すという事も出来ます。

さらに緑があることで、おしゃれな空間を作り出すことが出来ます。

しかも植物を置くという事は、それだけではありません。

植物には癒し効果があると先ほども述べましたが、ただ癒すだけでなくて植物の持つ調湿効果を発揮してくれるので、まるで自然の加湿器を置いているかのような空間を作り出すことが

出来るのです。

さらにオフィスや家の中でもデジタル機器というのは、ますます増えてきていますが、このデジタル機器…パソコンなどから、ふと緑に目をやることで目の疲れを改善したり、

目の疲れを和らげるといった効果が期待できるのです。

また植物というのは呼吸をしています。この呼吸が室内の有害物質を知らず知らずの内に、吸収してくれているといったことも最近の研究では解明されているのです。

昔から人間というのは植物と共存し、日々の生活に植物を取り入れてきました。

これは昔から人間が植物には癒しやその他の効果があるという事を、自然と理解していたという証拠なのではないでしょうか。


植物について

植物について

(公開: 2014年6月17日 (火))

森を散歩していると、たくさんの植物に出会います。植物は、四季折々の様々な花をさかせてくれます。例えば春、春の森の代表的な植物はなにがあるのでしょう。
4月は、ヤマブキ、エビネ、ヤマザクラ、ドウダンツツジなどの花が咲き始めます。また、冬を越した木々たちの芽吹きも始まり、春の山菜、ワラビ、コゴミ、タラの芽などが目浮いてくれます。てんぷらやおひたしなどの調理法で、様々な春の植物たちが、私たちの食卓を彩ってくれます。5月はヤマツツジ、アケボノウツギ、カリンなどの果物の花が開花し始めます。梅雨に入った6月は、アジサイ、ササユリなど、時期を代表する花々が咲き誇ります。梅雨が終わり夏7月から9月くらいになると、ムクゲ、クサギ、センニチソウ、ヤマハギなどの花が咲きます。そして、暑さが収まってくる秋になると紅葉の時期になります。ゴンスイ、ニシキギ、などが10月に開花し、メタセコイヤの葉は日を浴びると黄金に光るように見えます。そして、寒暖差が激しくなってくる11月になると紅葉の時期、モミジ、カエデなどが紅葉し始め、落葉樹も、黄色や赤色などに変化し、山が赤みがかった色に変化していきます。落葉樹の紅葉と常緑樹の混じり方はパッチワークののようでとてもきれいです。その頃も、秋のキノコたちが、私たちの食卓を彩ってくれます。コウタケ、ナメコ、サクラシメジ、マイタケなどなど。秋の味覚の王様マツタケ。これらはとても香りがよく、味も良いものばかりです。また、果物も忘れてはいけません。イチジクやビワ、山葡萄など、甘くておいしい果物がたくさんあります。そして冬、落葉した木々の間からは、ベニシダなどのシダ類や針葉樹などを観察することが出来ます。
二俣川の駅ビルにある美容室、美容院
そして、早春。アセビの花が咲き始めると次々に木々の花が咲きます、ボケ、ウメなどが開花し、カタクリの花が咲くころには、また春が来るのです。また、植物たちは花を咲かせ、虫たちの力を借りて受粉し、種を作り、子孫を残していきます。